教えて掲示板の質問

「椎間板ヘルニア」に関する質問

  • 受付終了

匿名さん

31歳なんですけど、13年位前に椎間板ヘルニアと診断されて、いままで痛みがひどくなくて、1週間位前に痛くなってきたので会社帰りに
カイロプラクテックに行ったら施術後、前よりひどくなってしまったので(そのカイロに2回行って)自宅の近くの接骨院に行ったらカイロは行かない方がいいと言われたんですけど、カイロは行かないで接骨院に行った方がいいですか?

違反報告

2010年4月16日 17時10分

教えて掲示板の回答

body talk

ボキボキは毒でも薬でもないです。
関節にある程度のストレッチ刺激が加わった時に起こるキャビテーションという現象だと言われていますが、キャビテーション自体が目的ではなく、
関節へのストレッチが基本的な目的のハズです。

もしボキボキという音を追って施術している施術院だとしたら、その施術院では体を傷めてしまう可能性が高いので、オススメしません。
大抵の施術院では、ボキボキ音ではなく関節の可動性を回復させる事を目的に施術しているものだと思います。

可動性の低下している関節にストレッチ刺激が加わると、可動性がアップして、体は楽になります。

要注意なのは、可動性がオーバーになっている関節に関しては、ボキボキすると悪化するという事です。
どこでもボキボキすれば楽になるワケではないのです。

つまり、施術者の腕次第です。
ボキボキがダメというワケではありません。

違反報告

2010年3月29日 20時40分


カラダが不調を感じるというコトはどういうことでしょうか?
何かを感じるというコトはまず、神経が感じているというコトですね。

不快を感じる「だるさ」を認識する神経の興奮が起こっている。
不快を感じるというコト事態はカラダのシステムが正常?に働いて
異常を知らせているのだといえます。

人が感じる不快感というものは、実に広範囲でつかみどころがありませんね。その方の体質やこれまでのカラダの使い方、感性、お仕事、食事などさまざまな要因が重なり合います。

ボキボキについてわかりやすい点では、肉体にある程度物理的刺激を加えるというコトになります。物理的刺激が好きな方にとってはその方が実感があることはあります。肌に接触されるだけでも刺激ですが、受けてが納得できる(効いている)と思える施術の方が期待感も高まり、効果が上がることも事実です。

「気」などでもそうですが、敏感に感じる人と、それほど感じにくい人といます。気はただ存在する、機能するのは共通です。

また、生活様式の変化で、カラダが過敏になる傾向の方が増えているのはいえますので、ボキボキが時代遅れと言うわけではないと思います。

「だるさ」を認識させている複数の要因の中で、大きなウエイトを占めているポイントにぴったり来れば「楽になった」実感は得られると思います。

ボキボキすると体が楽になるのは、その方の経験も大いに関係があります。実際に、ある限られたところに、短い時間に、力が加えられるのですから肉体的実感は伴いやすいともいえます。
当然、以前受けられていた先生の技量、見識力も大いに関係あります。

違反報告

2009年12月21日 08時39分


いきいき堂整骨院

ボキボキに良い悪いは無いと思います。ボキボキ鳴らす為に骨に刺激を与えるのであれば、骨には良くないと思います。ですが、骨を大きく動かしてストレッチする際にボキボキ鳴るのであれば良いと思います。施術者の目的意識の違いが重要でないかと思います。

違反報告

2009年12月20日 21時03分


お礼コメント

有り難うございました。
また、アドバイスお願いします。

2010年4月17日 11時49分

ゆうわ接骨院

ぼきぼき音については解明されてません。自分で鳴らしても気持ちがいいです。音を鳴らさなくても角度が合えば歪みは矯正できるのであえて無理やり鳴らさなくても良いのでは?あまりボキボキしてると関節面に棘がでたり、指でも太くなるくらいですからその辺のことを言われたのではないでしょうか?
正しい整体の先生にしてもらえば良いと思います。鳴らすだけでなくゆがみを治したほうが良いと思います。

違反報告

2009年12月8日 09時47分


ボキボキなる音は、関節の中の内圧が高まり、動かした時の圧力の変化で空気の圧縮された音であるという風に言われていますが、正しいことは解明できていません。
左右の手のひらをグッと合わせて動かすとぷっぷっと鳴りますが、これも圧力の変化で出る音で、これに似たことが関節内で発生しているとおもわれます。
ボキボキが身体に悪いとか、時代遅れという考えは、理解に苦しみますが、何か特殊な治療法を行っているんではないでしょうか!
確かにボキッと鳴るとスーッとするので、当院でも行っています。
しかし、骨のズレが矯正するということは考えていません。
骨がズレるには理由があり、理由を改善しない限り、骨は簡単にズレてしまいます。
ボキボキがだめな理由は、無いと思いますし、ボキボキすることで体が楽になるのであれば、効果は長くは続きませんが、とても良いと思いますよ!

違反報告

2009年12月7日 09時10分


まごのて

遅くなりました、質問にお答えいたします

私自身ボキボキ(アジャスト)自体はいい技術だと思います
即効性があり、仕事も速い!

ですが、当院はボキボキしない優しい施術です

なぜか?と言う事ですが一言で言うと自身がありません(^_^;)

威力がある反面やはりリスクもあります

アジャストがだめな理由と言う事ですが、一番は判断を誤ったときに
「破壊してしまう」と言う事です

検査して状態がわかれば次はどうやって治すか?方法論です
その方法にアジャストであったりアクティベーター・マッサージ、などなどあるわけですが当院ではブロックを使った施術を選択して行っております

あとは、患者さまの好みになってしまうのではないでしょうか

アドバイスになるかどうか分かりませんがアジャストを使う施術をうけるのであれば、地域で評判がいい腕のいい先生の所に行かれたほうがいいと思います

あと、なぜ楽になるか?と言う事ですが

やはり歴史のあるカイロプラクティックと言う治療術を学ばれた
腕のいい先生に診てもらえば当然楽ります
つまり、腕のいい先生なのだと思いますよ

ザックリで申し訳ないですm(__)m

違反報告

2009年12月6日 18時46分


遅くなりました。申し訳ありません。
まず、整体術(骨格矯正)においてはほとんどが無痛です。
ボキボキはイメージであって、
骨格矯正が行われても音がすることもあればしないこともありますし、
関節の遊びを充分に取れれば音も出にくくなります。
なので矯正音に囚われることは無いと思います。
また、各療法には人体解剖学に基づく定義や理論がございます。
整体の定義は骨格矯正で、それが根本療法として受け継がれております。

お時間がございましたら当院のホームページ(整体の認識)を
ご覧いただけますと幸いです。
ただし、整体の認識に関しましては一般の方向けに記載しておりますので、
より詳しく知りたい場合は、直接サイト内からメールを下さればお答えさせていただきます。
その際、件名の欄は「整体.COMでの質問」とでも入れておいて下さい。
他の迷惑メールと混乱しないためご配慮願います。
整体処ヒロ 高橋

違反報告

2009年12月5日 11時32分


調気堂

結果的になってしまうのは仕方がないですが、強制的にならすのは問題です。なぜならばぼぎぼぎをすると、関節間が弱くなりやすくなって組織が関節及び筋肉細胞が壊れやすくなってしまうのです。ぼぎぼぎと鳴らすことよりももっと効果的に治療効果を発揮できる方法があります。

違反報告

2009年12月4日 23時40分


からだメンテナンス・エムズ

ばきばきは、決して悪いとは言えないと思います。
結果として音が出るだけなので、鳴らそうとするのは問題です。
私も、あなたと同じくぼきぼきしてもらうと体が楽になります。
合う、合わないはそれぞれの感覚なので、自分に合った施術を
受ければ良いと思いますよ。

違反報告

2009年12月4日 17時02分


すみとの整体院

そもそも『ボキボキ』とは、気泡がつぶれる音です詳細は以下の説明になります。

関節は、関節包というものに包まれていて、内部が一定の圧力を保っています。
矯正時(ボキボキ)に関節が牽引されると関節内部は陰圧になり、そこに炭酸ガスの気泡が生じます。
ポキっと言う音は、その気泡がつぶれる音です。
決して骨と骨が擦れ合って出ている音ではありません。

ただし、肩などを回すといつもボキボキと音が出ることがありますが、これについては、筋肉周囲の腱が動いてはじいている音だと言われています。

因みに、正式名称を【クリック音】と言います。

よく患者さまに言われるのですが

『骨折れてない?』  『骨の位置戻った?』

上記で説明したとおり、骨と音は全く関係ありません。

ただ、気泡がつぶれ、圧力が変わり筋肉のバランスも整うので、結果的に骨格の位置に影響はいくので、表現として私も『骨が戻ったね!』と言う場合も多々あります。気泡と骨格のバランスが整うと、結果的に血行も促進されるので、身体が楽になります。

一つ注意して頂きたいのが、カイロプラクティックを受けて鳴るのは良いのですが、自分で鳴らし続けると、その部分の関節は動きすぎの状態となってしまいかえって良くありません。

カイロプラクティックでは、むやみに関節を鳴らしているわけではありません。
方向・スピード・力・全てをコントロールする必要があるのです。

このようなテクニックであり、構造なので、他の先生方と同じく、ボキボキが時代遅れと言うのは如何かなと思います。

当院の患者さまは13?93歳までいますが、93歳のかたもボキボキをして、楽になっていただけますし、若くても症状によってはボキボキしない事もありますので、ボキボキが良いか否かではなく、適材適所を療法で置き換えていただければ良いと思います。

よって、施術をする先生の症状に対する診立て次第でボキボキも良いものにも悪いものにもなります。

ボキボキ自体は決して悪いものではありません。






違反報告

2009年12月4日 14時49分


整体は患者さんを楽にしてあげる事が大切です。その手段の一つとしてボキボキもあります。また本人が合う合わないもありますから自分自身で合う整体所を選ぶ事です。お尋ねではボキボキが合ってられると思います。

違反報告

2009年12月4日 13時25分


みたか北口総合整体院

「パキッ」となるのは、ある一定時間、関節に動きがないと関節の中の内圧が高まり、動かした時の圧力で空気の圧縮された音であるということがほぼ解明されてきています。

音と同時に内圧が減少し元の状態に戻れば、関節がスムーズに動きやすくなるので、余計な筋の緊張が減少する分、楽になる感じがするわけです。

ですから動く関節ならば全てに起こりえる生理的現象なので、もし「ボキボキ」が悪いならば、立つときに膝がなるのも振り向いて首がなるのも悪いということになってしまいます。

関節への矯正時には、動きの悪い関節を動かせばほぼ音が鳴りますが、
唯一悪いと言えば、音を鳴らすことが目的になった無理な矯正や自分で鳴らす行為はリスクが生じます。

靭帯や関節の結合組織、筋肉を無視し正常な関節の可動範囲を超える矯正は明らかに傷害行為にもつながるからです。

ですから関節可動範囲を超えることなく、安全な技術と無理に鳴らさないことを把握し習得している技術者に施術を受けることが重要になってきますし、勿論痛みはありませんので「無痛整体」と呼べるものはないのではないでしょうか。

過去に仕事や友人関係で数十店舗ほど様々な施術者を見てきましたがこれは協会や団体の認定が有る無いには関係はなく、店舗の教育状況や個人のスキルと人間性 によって左右されるところが多いようです。

付け加えて重要なのは、個々の症状の原因が関節の動きの悪さ(俗に言う歪み)なのか、筋の緊張なのかなど、その相互関係を見極め、適切に施術が行える判断力を持っているかが最も重要なので、状態の説明が丁寧でわかりやすく納得いく話をしてくれるところが良いでしょう。

また適切な施術やアドバイスを行っていれば、通常個人差はありますが、遅かれ早かれ 必ず改善傾向への変化は出てきます。

逆に的外れな施術やアドバイスを行っている場合、その場は楽になっても行かなくなれば、戻ってしまい結果的に改善していかないと思われます。

違反報告

2009年12月4日 13時16分


自然療法整体療術院ときわ台健康堂

あなたは整体院へ通われた経験がほとんどない方だとお察しします。これは企業ノーハウにもなりますので明確にお答えしかねますが、まず、ボキバキで楽になるのは一時的です。そして、それを繰り返して通院していますと、ゆくゆくは坐骨神経痛へと発展して行きます。当院の施術は患者さんの為にそういう施術は取りません。施術者の腕の相違もありますが、当院の施術は普通の腰痛・肩こりならたったの1回で完治終了します。どの施術を選択されるかはあなたのご自由です。あなたの功徳が院を選択させるのです。ときわ台健康堂院長抄明

違反報告

2009年12月4日 13時16分


やのめ整体院

カイロプラクティックですと、スラスト法はガンステッドやデバーシファイドなどがありますがボキボキと鳴ります。これは、関節内の圧力が急激に減少したときに起こる気化現象で音が発生し、この気体は20分前後で消滅しています。(キャビテーション現象と言います)
ボキボキすること事体は悪いことではありませんが、必要以上に力を加えた矯正や、とりあえずボキボキ鳴らしてみる。
と言う所は辞めておいたほうが良いでしょう。(必要以上に靭帯が伸びてしまいます)

関節の可動が消失または減少している椎骨だけを、スラストするのがベターだとおもいます。なぜなら、瞬間的に急圧を加えてスラストを行った椎骨に付着する筋肉は急激に引き伸ばされ、このとき引き伸ばされた筋肉は瞬間的に収縮しようと反射が起きます。(ゴルジ腱器官の働きによるものです)
その働きによって、硬くなった筋肉は緩んで、関節の可動も増します。

違反報告

2009年12月4日 13時03分


アドバンスカイロプラクティックオフィス

ボキボキがダメとか言うのはちゃんと鑑別診断出来てないからだと思いますが。必要ないボキボキは単に危険度が増すだけだと思いますが、当然技法です必要な場合もあります。
ボキボキの存在理由の1つに神経の発火現象を促すと言うのがあります。これは、神経の生存条件が、血流による酸素とグルコース、と刺激によるからです。
特に脊柱に存在する多くの筋は、絶えず発火しています。これが何らかの形で阻害された場合いろんな障害を生みます。
フレデリック・キャーリックは、神経学テストで脳の問題を見つけ、カイロプラクティックのアジャスト(いわゆるボキボキ)で、脳性麻痺等の疾患も改善させています。

要は、必要かどうか?適切かどうか?です。理解してない者に限って否定だけするモノです。

違反報告

2009年12月4日 12時51分


みどり北山整体院

無痛整体と言ってもなにもしないで施術するのではありません。
当院のリスタート療法は、全身の筋肉を緩めて、バランス整体もして
ソフトな姿勢矯正もおこなうので、強い刺激はありませんので、
無痛整体と表現しています。

今回のご質問ですが、強い刺激には、脳の反応がラクに感じて一時的に
疲れが取れた錯覚をおこすと考えられています。
しかし、現実に、夏の暑い時期に扇風機を一晩カラダに当てれば
翌日には、全身がだるくて、不快感になりますように、筋肉は、微弱の風でも
影響をうけるのです。ペットを飼育している方であれば、強く押していれば
動物いじめです。そのような光景はだれも見たことがないのです。
反対に全身を擦れば大変慶びます。よくみかけることができる光景です。
結論は、筋肉を緩める最上の方法は、擦ることなのです。
でも、まだ理解できている人は、少数です。
強い刺激には、防御反応(防御本能)という、緊張感が走ります。
緊張は、長時間続くと大きなストレスとなり、筋肉は、膠着します。
膠着すると、だるさを、強く感じるようになり、肩こり・腰痛・背中のはり
等さまざまな、不快感をカラダ中に感じるようになり、最後に痛みになります。
よく、マッサージで強く押してくれとせがむ、お客に、肘とか足で施術している
整体院が多くありますが、不調者のためには、重度な不調に浪費しているだけで、
店にも、不調者にもなにも残らない最悪な結末を誰も予想ができていないのです。
最後には、全身筋肉膠着になり、骨折など重度の傷害も起こるかもしれません。
当院の宣伝で恐縮ですが、リスタート療法は、元来誰もが持っている自然治癒力を使って
痛みを伴わず無理なく身体を改善していく、だるい原因を追究して、それに対しての
原因療法で元の状態に自然治癒力を活用して回復させる、理にかなった療法です。
一時の間違った快楽を提供するのは、道義上大変よくない行為ですので
注意されることをお薦めおたします。
今回のご質問に大変感謝いたしますとともに、
皆さんに、気軽にご利用いただける健康ステーションであるように、
日々努力いたします。ありがとうございました。

みどり北山整体院

院長 杉下博計

違反報告

2009年12月4日 12時44分


なみ整体院

はじめまして
「ぼきぼき好き」さんのご質問にわたしの知る限りでお答えさせて頂きますね。
まず、「ぼきぼき」は確かに古くから使われている施術法ですが、最近では使わない施術家が多くなっているのは事実ですね。それは、適していない方がお受けになると、逆に調子が悪くなってしますというリスクがある為だと言われています。しかし、その方の症状や体質に合っていて、危険な症状で無ければダメではないと思いますよ。
「ぼきぼき」で身体が楽になる理由としては、今回で言えば『だるい』のメカニズムを考えます。
全てに該当する訳ではありませんが、主に『血流』が悪くなるとそういった感覚が現れます。それは気候や疲労、気持ち(副交感神経)の影響がからだと思います。
血流が悪くなると筋肉への栄養分が滞ります。
そして筋機能の低下、動きが悪くなります。
よって『だるい』に繋がると思うのです。
長くなりましたが、「ぼきぼき」によって、この筋機能を回復させることが出来れば楽になるとわたしは考えます。
施術家にはいろいろな理念がありますので、考え方は様々だとは思いますが、『患者様の訴えに応える』という事が最優先だと思います。
ですから、これからもご自身に合った施術院へお通い下さいね。

違反報告

2009年12月4日 12時19分


谷口整体

いわゆるスラスト法(ボキボキ)ですね。
これは平成2年に厚生労働省から通達が出ています。
この方法は頚椎ヘルニアなど多数の神経が集まる頚椎に大きな損傷
を与えかねない危険な行為として無免許(整体師、カイロ)での施術
を厚生労働省が禁止項目としたと思います。
しかし賛否もあるのです。(危険・禁止にたいして)
国の考えから言うと保険請求できる柔道整復師(整骨院、接骨院)又は医師国家資格のあるプラクターなら良いという考えのようです。
危険を伴うということ。これがダメな根拠というか理由だと思います。
体が楽になるのは医学的根拠はハッキリしていないらしく間接の空気が
抜ける音が有力らしいです。楽になる医学的根拠ははっきりしていないと思います。当方は医師ではないので楽になる根拠は返答はできませんが私の考えは「体が衝撃波を爽快感と取ストレッチ効果があるという説」が一番そうかもしれないと思っております。

違反報告

2009年12月4日 12時14分


らくらく家

ボキボキが時代遅れという表現もいかがなものかと思いますが。
音が鳴ることで関節の可動域が一時的にでも広がるのに加えて血流も良くなるのでスッキリした感覚はあると思います。
ただ不必要に音を鳴らすだけの施術なら一時的で、回復という意味においては無意味でしょうね。
体の不調な部分を改善していく過程で施術の際に音がなる事はあるでしょうし、お客様の不快でない範囲での痛みを伴う事もあるでしょう。
ご自分に合った施術というのがあると思うのでイロイロ試されて、自分の納得のいく施術院を見つけるのもお客様の判断だと思います。

違反報告

2009年12月4日 11時50分