どうやら右の方が下がっているようです。 | 整体.COM
HOME > 教えて掲示板 > どうやら右の方が下がっているようです。

整体登録数

4249 件掲載中
2017/08/17 04:34現在

北海道・東北

北陸

関東

中部

関西

中国

四国

九州・沖縄



更新情報

埼玉県上尾市の整体

埼玉県上尾市の整体、本谷QO整体院さんの登録写真 本谷QO整体院さんを掲載しました。

兵庫県西宮市の整体

れんげ鍼灸整体院さんを掲載しました。

神奈川県座間市の整体

神奈川県座間市の整体、腰痛専科ひとり整体院百合さんの登録写真 腰痛専科ひとり整体院百合さんを掲載しました。

静岡県浜松市の整体

静岡県浜松市の整体、浜松整体・整体サロンALSOWORTさんの登録写真 浜松整体・整体サロンALSOWORTさんを掲載しました。
更新情報

整体 モバイル
整体
モバイル版


質問

どうやら右の方が下がっているようです。
困り度: ★★★★☆
教えてNo.931 質問者:右肩下がり
都道府県名:栃木県
40代前半 ・女性
投稿日時:
2017-08-01 18:20:51

事務のパートをしているため毎日8時間はデスクワークとパソコン入力を行なっています。そのため最近肩こりが慢性的に続いており、肩だけでなく首から頭にかけても痛みが出るようになってしまいました。肩こりに関しては痛みが酷い日だけは自宅で湿布をしたりホットパックを電子レンジで温めたりして対処していますが、一時的に痛みがなくなるものの温めるのをやめるとすぐに痛みが戻ってきてしまいます。ここまで酷い肩こりになってしまうとどうすれば治癒するのかわかりません。一度整体院に行って治療を受ければ肩こりが完全に良くなるものなのでしょうか。なるべく痛み止めの薬を服用したりすることなく日頃から自分でできる肩こり改善用の効果的なストレッチなどもアドバイスをしていただきたいです。よろしくおねがいいたします。


回答



この質問は締め切られました。
ご回答いただいた専門家の皆さま、
ありがとうございました。


回答No:1
投稿日時:2017-08-01 18:33:22
回答者: 東洋式整体 すずらん療術院(東京都) 
自信度: ★★★★★

肩甲骨の動きをメインに
ストレッチされると良いです。

筋肉は伸ばしたり縮める運動を繰り返していかないと
かたくなります
これが肩凝りで
頭痛などに派生していきます

慢性化しているのであれば、整体で筋肉をしかりと
動かしてもらってから
ストレッチを始めると良いでしよう

適当なストレッチが出来ないときは
ラジオ体操をしかりと
関節の動きを大きめにとりながら
行うと良いでしょう

文面から察するに
整体利用することで比較的はやいうちに 
痛みは軽減されると思いますよ

参考になった:0件

回答No:2
投稿日時:2017-08-01 18:45:06
回答者: かわむら整体院(長崎県) 
自信度: ★★★☆☆

こんにちは。
慢性的な肩こりのお悩みとのこと、おつらいと思います。

肩こりはもちろんですが、筋肉というものは揉んだり温めたりしても1時的な気持ち良さだけで、根本原因は改善していません。

そのため何度も繰り返すことになります。

骨格をしっかりみてくれる整体院で体操などのアドバイスを受けるといいかと思います。

お大事にされて下さい。

参考になった:0件

回答No:3
投稿日時:2017-08-01 19:11:14
回答者: こうの治療院(神奈川県) 
自信度: ★★★★★

骨盤の歪みにより背骨が歪み肩の高さが違っています、肩・首・背中の痛みもすべてそうです、温めるのは良い事ですが一時しのぎですので国家資格を持った
所で正しい骨盤調整を受けてください。
改善するはずです。

参考になった:0件

回答No:4
投稿日時:2017-08-01 19:12:47
回答者: 自然療法整体療術院ときわ台健康堂(東京都) 
自信度: ★★★☆☆

まず、原因を突き止めて、それを除去しましょう。近所の整体でもみもみしても無駄です。
自然療法整体療術院ときわ台健康堂 院長抄明
参考治験例 : 肩こり・腰痛編(1)
http://www.geocities.jp/hsclinc39/katakosi/katakosituu.html

参考になった:0件

回答No:5
投稿日時:2017-08-01 19:26:18
回答者: 整体院〜ご縁〜(岐阜県) 
自信度: ★★★★★

できるだけ痛み止めに頼らずらご自宅で出来ることをされている事は素晴らしいです。毎日8時間のデスクワークをされているのであれば、痛み止め服用よりも日々のストレッチが大切です。

私からお伝えできる事としては、デスクワークの方が、慢性的な肩こり、首こりになってしまう特徴的なパターンがあります。

それは、全身の筋肉のつながりを使う(筋膜リリース)手技なんですが、
肩や首とつながりの強い筋肉が腕にあります。重いものは持たなくても、毎日パソコンを操作されていれば確実に疲労してしまいます。

具体的な場所をお伝えします!
・胸の筋肉です(文章では細かな場所はお伝えできませんが)
押さえることで痛みを感じる部分を、痛気持ちいい強さでマッサージして下さい。
ただし、強くやりすぎと、一般にたくさんやりすぎは注意です。痛みが少し和らいでき
たら終了でいいと思います。
・親指の母指球です。
親指の膨らみを少し強めに押さえてみたり、誰かに押さえてもらってください。
パソコンをされている方は硬くなっている事が多いです。そこも胸の筋肉同様、
痛気持ちいい強さでまずは少し揉んでみてください。


どちらもなぜそんな所!?と思われるかもしれませんが、私が普段整体院で見させて頂いている方々は、筋膜リリースを用いると、胸や親指の筋肉のコリにより、慢性の肩こりになっていて、そこを施術する事で改善が見られます。

参考にして頂き、肩こり、首こりが改善してもらえたら幸いです。

参考になった:0件

回答No:6
投稿日時:2017-08-01 21:16:20
回答者: 自然良能(新潟県) 
自信度: ★★★☆☆

基本的には、
頭は右に傾きます。
肩は右の肩が上に上がります。

このパターンに当てはまらない状態がある時は、
右の肩が上に上がり、
それに輪をかけて、左の肩が上がっている状態になります。

逃げ場がない状態になっています。

また、上半身の動きは全て、
下半身の筋肉の力で支えられています。

足の筋肉の力を左右の違いを考えながら、
治して行く」必要があります。

治る治療、治る運動法、治る習慣があります。

https://www.youtube.com/watch?v=OlBIJXkWE6I

ご質問お待ちしています。

参考になった:0件

回答No:7
投稿日時:2017-08-02 02:56:02
回答者: 駒込カイロプラクティックセンター(東京都) 
自信度: ★★★☆☆

参考にしてください。
http://www.komagome-chiro.com/sub6.html

参考になった:0件

回答No:8
投稿日時:2017-08-02 08:07:15
回答者: 三癒(東京都) 
自信度: ★★★★★

デスクワーク特にパソコン作業を継続は、頸部の前傾、肩甲骨の前方(右利きの人は右)を前方に変位させてしまい、正常な状態に戻らなくなります。これを矛盾適合と言いますが、これにより、神経や筋の牽引、圧迫を起こし、肩こりから、痺れの、放散痛を生じさせます。
この改善には、先ずは、作業時の悪癖をなおすことが重要ですが、それを改善するストレッチとしては、床にうつ伏せになり、頬杖をついた状態(肘を立て、両手の平に顎をのせる)を、10分行い、一呼吸休み、又10分、を繰り返し、トータル30から60分行います。最初は様子を見ながら。慣れたら休みを入れず連続で。
この時、重要なことは、全身の力を抜くことです。
肩甲骨、頸部が正常な状態に矯正されてきます。
本来は、状態を確認しながらが、ベストだと思いますので、 もし、この継続ストレッチで不安をかんじたら、一時中止して、様子を見てください。
注意:デスクワークは、頸部、肩甲骨のほか、背骨を逆反り(猫背の反対)又は、猫背を生じさせて、それによりさらに、コリ、痛み等を増幅させてしまうことがありますが、その矯正は、ここでは割愛させていただきます。

参考になった:0件

回答No:9
投稿日時:2017-08-02 10:25:06
回答者: 東海カイロオステ院(愛知県) 
自信度: ★★★☆☆

>一度整体院に行って治療を受ければ肩こりが完全に良くなるものなのでしょうか。
治りません。
日々の生活習慣で肩こりが起きます。

よく肩こりは日本人特有の症状と言われます。
それは日本人の姿勢が悪いからです。

正しい姿勢で歩く事で改善しています
http://chirooste.com/article/detail.php/190/364661

参考になった:0件

回答No:10
投稿日時:2017-08-05 19:33:57
回答者: からだメンテナンス・エムズ(山形県) 
自信度: ★★★★★

こんにちは。

自分でできる肩こり改善用の効果的なストレッチなどもアドバイスをしていただきたいです。

との事ですので、

簡単に出来て、効果的な みずぽっと体操
http://mizupot.com/

当院の施術にも使っていますし、セルフケアアドバイス、スポーツクラブでパフォーマンスアップにも使っています。

参考になった:0件



当サイトへの無料登録はこちらからどうぞ


世界WEB標準の証明

Valid HTML 4.01 Transitional

Valid CSS

当サイトは、W3C勧告に従った正しい文書構成で制作されていることが証明され、上記バナーの使用許可を得ています。