腰椎椎間板ヘルニア。コルセットして座ってて腰に激痛が走ります | 整体.COM
HOME > 教えて掲示板 > 腰椎椎間板ヘルニア。コルセットして座ってて腰に激痛が走ります

整体登録数

4217 件掲載中
2017/05/27 01:52現在

北海道・東北

北陸

関東

中部

関西

中国

四国

九州・沖縄



更新情報

山梨県甲府市の整体

リラクゼーションEXE-エグゼ-さんを掲載しました。

千葉県市原市の整体

そりまち整体院さんを掲載しました。

福岡県福岡市の整体

福岡県福岡市の整体、スマイル福岡 出張マッサージさんの登録写真 スマイル福岡 出張マッサージさんを掲載しました。

福岡県福岡市の整体

福岡県福岡市の整体、福岡のコルギ(骨気)小顔矯正【Sonrisa天神】さんの登録写真 福岡のコルギ(骨気)小顔矯正【Sonrisa天神】さんを掲載しました。

富山県高岡市の整体

しぶや整体院さんを掲載しました。
更新情報

整体 モバイル
整体
モバイル版


質問

腰椎椎間板ヘルニア。コルセットして座ってて腰に激痛が走ります
困り度: ★★★★★
教えてNo.898 質問者:りき
都道府県名:群馬県
30代後半 ・男性
投稿日時:
2017-04-24 09:58:39

質問させてください。
ヘルニアでコルセットして座っていると、腰に激痛が走ります。どうすれば、良いのでしょうか?

4月10日朝、通勤の車から降りた瞬間に腰がぐぐぐと沈む感じのあと、左足に激痛が走り動けなくなりました。
整形外科でヘルニアと診断され鎮痛剤(ロキソニン)を処方され1週間程度安静にしてました。腰は痛くないが、左足痛(付け根、膝下) が改善されない為、再び整形外科で仙骨硬膜外ブロック注射をしてもらい、なんとか帰宅。
しかし帰宅し、椅子に座っているとコルセット装着にも関わらず最初と同じ現象がおきました。再び3日安静にしたが、脚痛が回復しないので整形外科でリリカとトラマドールを処方され3日程度で歩ける、座れるまでに回復しました。
コルセットを装着し、座っていると再び腰に激痛が走ります。
これはどうすれば、良いのでしょうか?
ちなみに5年前にMRIを撮り右側L4L5のヘルニアと診断されましたが、今回はMRIは撮っていません。


回答



この質問は締め切られました。
ご回答いただいた専門家の皆さま、
ありがとうございました。


回答No:1
投稿日時:2017-04-24 10:41:54
回答者: サンサン接骨院(宮城県) 
自信度: ★★★☆☆

はじめまして。

記載された情報だけでは何とも言いようが無いのですが、
腰のMRIを撮った方が確実ではあるでしょうね・・・。
セカンドオピニオンを行っても良いと思います。

参考になった:0件

回答No:2
投稿日時:2017-04-24 10:57:12
回答者: 津島げんき整体院(愛知県) 
自信度: ★★★★★

こんにちは、津島げんき整体院の三輪と申します。

ヘルニアでコルセットをして座っていると腰に激痛が走うということですね。
今回は病院でMRIを撮っていないということですが、
激痛ということであれば、まずは病院での検査をされるのが良いと思います。
明らかに異常事態です。

以前、ヘルニアと診断されたそうですが、
今回はヘルニアの悪化なのか、
新たに、すべり症になっているのか、分離症になっているのか、
圧迫骨折しているのかは分かりませんが、
腰がぐぐぐと沈み込むというのは腰椎に何か起きているように思います。
まずは検査して下さい。

そして、病院で原因が特定できない場合は、
我々の出番です。
整形外科は主に骨の異常に着目しますが、筋肉や筋膜には
着目しない傾向があります。

痛みというのは、ほとんどの場合、筋肉や靭帯の緊張や異常によって
おきますので、
骨に異常がなければ、おそらく筋肉や靭帯の問題と思います。

もともとヘルニアということなので、
腰は慢性腰痛やぎっくり腰もやっているのではないでしょうか?
腰の筋肉の慢性疲労によって、筋肉に老廃物や乳酸、カルシウムなどが
沈着し、硬くなり、筋繊維の断裂や炎症が起きているかもしれません。

腰が弱い=腰の骨が弱い(耐久力)

ので、骨を守るために腰周辺の筋肉ががんばりすぎた結果
限界を超えてしまい損傷していると思います。

腰の筋肉が硬くなったのを緩めるには、
『緩消法』というやり方があります。
インターネットで検索してみてください。
自宅でもできる方法です。

参考になった:0件

回答No:3
投稿日時:2017-04-24 11:13:29
回答者: かわむら整体院(長崎県) 
自信度: ★★★☆☆

こんにちは。
コルセットをしても痛みが出てくるとのこと。おつらいだろうと思います。

ご質問内容を拝見すると、これまでの処置は痛みを抑えることと腰椎(腰の骨)を固定することだけをしているようです。

まれにこれらの処置の後、安静にしていれば自然に回復する場合もございますが(ご自分の回復力で)、基本的にこの処置は根本解決に関することは一切していません。

薬の効果が切れる、腰の固定効果が限界を超えた場合、意味をなさなくなります。


対策としては、根本解決をしてくれる治療院をお探しになるのがいいかと思います。

治療院や整体院などを選ぶ際には、安全な施術(強い力をかけないなど)をしていることを大前提に選ぶのがよろしいかと思います。

お大事にされてくださいね。

参考になった:0件

回答No:4
投稿日時:2017-04-24 13:13:05
回答者: 石川整体塾(大阪府) 
自信度: ★★★☆☆

お答えします。5年前にヘルニアと診断されているそうですがその時は体を休めることで痛みはなくなったようですね。今回はなかなか改善しないというのは原因である筋肉が5年前よりも弱くなっていてか仇を支えられなくなったというのが私の判断です。質問には適切な施術がなされず何となく痛みが治まっただけになっています。あなたの受けた治療では症状は重くなっても軽減するのは難しいと私は考えます。今回がその証でしょう。原因となる筋肉を正しく施術するところを選んでください。痛みはすぐにでも改善できますが筋肉が弱っていますから安定するには少し時間はかかります。施術後の自己管理をしっかり行うことが大切です。良い先生を見つけて下さい。先生次第です。どんな治療にも良い先生がおられますので看板に囚われずに探すことです。お大事に。

参考になった:0件

回答No:5
投稿日時:2017-04-24 15:24:35
回答者: ひふみ治療院(東京都) 
自信度: ★★★☆☆

ハッキリと言わせてもらいますが鎮痛剤や麻酔薬は痛みを止めるだけであり治癒を助ける薬ではないのですよ。勘違いをしていませんか。いやそれどころか治癒の邪魔をする場合のほうが多いのです。
あなたがヘルニアになったのには理由が必ずあるのですから、それを除去しなければ治癒に向かうはずもありません。単に医者の言うことに素直なだけでは治りません。ご自分で考えてみましょう。

参考になった:0件

回答No:6
投稿日時:2017-04-24 16:52:29
回答者: 自然療法整体療術院ときわ台健康堂(東京都) 
自信度: ★★★☆☆

痛み止めの処方を考えるより、ヘルニアを直す事を考えられてはいかがですか。
参考治験例 : ヘルニア編 
http://www.geocities.jp/hsclinc39/heruniya/heriniya.html
自然療法整体療術院ときわ台健康堂 院長抄明

参考になった:0件

回答No:7
投稿日時:2017-04-24 18:51:57
回答者: 佐藤スポーツ整体/海老名店(神奈川県) 
自信度: ★★★★★

整形外科では治らないと思います。
いい整体を探してみてください。
佐藤

参考になった:0件

回答No:8
投稿日時:2017-04-25 13:22:31
回答者: 東海カイロオステ院(愛知県) 
自信度: ★★★☆☆

>コルセットを装着し、座っていると再び腰に激痛が走ります。
コルセットをするという対処方法が間違っています。
だから痛みが出ます。

>左足に激痛が走り動けなくなりました。
原因は骨のゆがみです。
骨を矯正して、正しい姿勢で歩く事で改善しています。

http://chirooste.com/article/detail.php/190/309644

参考になった:1件

回答No:9
投稿日時:2017-04-25 18:56:37
回答者: まつサン整体院(大阪府) 
自信度: ★★★☆☆

初めまして。

コルセットを巻いても激痛が走るとありますが、
正しくコルセットの装着は教わりましたか?
コルセットは、骨盤を安定させるためのものです。
結果、下半身の血流を悪くさせることにもなりえます。

文章から察するに、デスクワークや運転が多いのでしょうか?
整形外科で、ブロック注射まで打たれて、症状の緩和が見られないとなれば、
原因は、腰だけではないように思います。

下半身周り(ふくらはぎや太ももの裏)の筋肉のハリ。
ロキソニンを処方されたとありますが、今は貼るタイプもあります。
処方されたのが、飲み薬のタイプの場合、胃や肝臓といった内臓にも
負担をかけます。 (内臓の影響は筋肉にも出やすいです)

デスクワークが多いなら、無意識に姿勢の中でアゴが前に出てしまいがちで
これも腰に負担をかけます。首や背中にもハリはありませんか?

過去に右側にヘルニアがあったため、無意識にかばって左足を酷使している
可能性もあります。

安静を続けるよりもそういった筋肉疲労を起こしていそうな部分を
ストレッチするより弱い負荷で良いので少しずつ動かすようにして下さい。
文章から体のバランスもだいぶ悪そうなので、体の前後左右のバランスを意識してみてください。

伝わりにくい文章で申し訳ありません。

参考になった:0件

回答No:10
投稿日時:2017-04-25 21:31:42
回答者: 整体院 el・cielo(エル・シエロ)(鹿児島県) 
自信度: ★★★☆☆

大丈夫です
僕は国家資格をもった整体師です
全力をつくしてどうにかしたいです

参考になった:0件

回答No:11
投稿日時:2017-04-25 21:48:17
回答者: 整体院 el・cielo(エル・シエロ)(鹿児島県) 
自信度: ★★★★★

指宿 エル シエロ

参考になった:0件

回答No:12
投稿日時:2017-04-27 22:39:52
回答者: 東洋式整体 すずらん療術院(東京都) 
自信度: ★★★★★

痛みの要因が
骨格のズレなどにより神経を圧迫している...というものではなく

炎症が広がっていることにより引き起こされた痛みと思われます。その場合、炎症反応がおさまるまでは何をされても
痛いと思われます。

仮に部分的に炎症を抑えても、炎症反応が広がっていけば痛いです。

今後の様子を見る上で大事なのは
痛みがなくなる=身体が良くなった 
という事ではなく

ヘルニアと五年前に診断されたことがあるお身体ですから
L4.5あたりの筋肉だけではなく
周囲の筋肉が硬い
そのため関節の可動性も低い
という状態になっているはずです
こうした場合、体液循環も悪くなりがちなため
ヘルニアの状態をいくらか低減してくれるはずの
身体の反応もなかなか引き起こりにくいのでは
ないかと思われます。

ヘルニアとて、免疫機構が重要です。 

また
腹筋を始め腰回りの筋肉が低下していると
腰痛になりやすくなります。

いずれにしても
筋肉調整を主軸に関節の可動性や体液循環を良くし
筋肉量を増やすということが求められます。

しっかりと筋肉調整をしなければ
改善の目処もなかなか立たないので

繰り返しになりますが
まず筋肉調整をしっかりとしている整体にかかり
また筋肉トレーニングをしていきましょう
→筋肉トレーニングが苦手ならばまずはストレッチ運動から始めましょう

整体にかかることで違和感なく歩けるようになっても
狭くなった椎間は元通りになりません
継続的に筋肉トレーニング(ストレッチ運動など含む)が必要です。

基本的に温めることが大切ですが
痛みが酷いようなら
一時期は冷やしても良いと思われます。 
ただ、やはりその後痛みがひいても
上記のことが求められます。

長い目で見ていかないといけないかもしれませんが
お大事にしてください
そしてご自愛ください。

参考になった:0件



当サイトへの無料登録はこちらからどうぞ


世界WEB標準の証明

Valid HTML 4.01 Transitional

Valid CSS

当サイトは、W3C勧告に従った正しい文書構成で制作されていることが証明され、上記バナーの使用許可を得ています。